古雨「黄泉中有の旅の雨」




最初に要点から先に述べますと

こういう気合要素が高いシーンは


即溜、即写。


が鍵です。


即溜には


チャージ中の超低速移動解除は極力禁止
(チャージ速度がゼロの状態からになってしまう為)


今回のシーンは
見るべき弾と見るべき範囲を理解すれば超低速でも米粒弾には被弾しません。







[§1 一枚目、二枚目、三枚目]

自機が進む方向のちょい右上(写真でいうと黄緑円辺り)の青米粒弾の軌道をよく見ながら
出来る限り、超低速移動でどんどん積極的に右を目指します。


開幕速攻で左端やや上で高速巻き→1枚目。
1枚目撮影後そこから右に向かいつつ高速巻き→画面真ん中辺りでチャージ完了後即写
同様に3枚目が右端付近でチャージ完了すると思うので、チャージ完了次第即写。



「積極的に」の理由は超低速でどんどん右へ移動していると、移動に詰まった場合の
緊急回避用スペースとして左(逆方向)に少しの間移動する事が可能だからです。
(赤米粒弾をちょん避け傾向で避けていると、左への緊急回避用スペースが設けられません。)







[§2 四枚目 五枚目 ]

3枚目撮影後今度は右から左へ切り返します。要領は今迄と同様に自機が進む方向
ちょい左上の青米粒弾の軌道を見ながら超低速移動。
自機狙いの金貨が追加されてますが、自機狙いの為赤米粒弾同様無視でokです。

左端付近で3枚目撮影後、切り替えし左方向へ→真ん中辺りでチャージが完了しますので撮影。
5枚目撮影は大よそでokですので、大体写真位置くらいの場所から撮影。
(X軸は左端付近、Y軸は真ん中やや下辺りくらいを目安に)








[§3 六枚目]

ここからがこのスペカの本領となります。3way銀貨は自機狙いです。

1 先ず5枚目撮影後、その位置に銀貨初弾を撃たせ、右の銀貨のすぐ外側に低速移動。

2 ここからは真ん中の銀貨と右の銀貨のスペース内で青米粒弾を避けながら撮影します。
  避け方は今迄同様自機やや右上を見ながら右へ超低速移動です。
  ※ですが、先程低速移動で初弾の銀貨を丸ごと避けた為、緑米粒弾にブレが生じていますので
  初弾銀貨を丸ごと避けた後は緑米粒弾に一応少しの間注意してください。(秒数にして1、2秒で十分です)
初段銀貨を左端に撃たせ、右の銀貨の
すぐ外側へ移動。
低速移動終了後は1、2秒は赤米粒弾にも
注意。(赤円内辺りを視野に)



3 また、ここからはどんどん右へ進むのではなく、右の銀貨と真ん中の銀貨の弾避けスペース確保が
  ありますので、今までの速度より若干押さえ気味を留意して下さい。銀貨の間(黄円辺り)を見て避けます。

  そうする事により硬貨は自機狙い弾の為、硬貨の着弾点が重なり(赤線の様に重なる)、
  結果弾避けスペースを確保し易くなります。但し、左への緊急回避スペースは殆ど無いと思ってください。
  
  一見下の写真は、自機狙い硬貨との間があり、左への緊急回避が出来そうですが
  緑、赤の自機狙い米粒弾が目前に迫っています。自機狙い硬貨は画面滞留時間が長いので過去の弾であり、
  今迫ってきている赤と緑の自機狙い米粒弾とのタイムラグが生じていますので注意。

4 溜まったらすぐに望遠で撮影。
また、6枚目撮影から弾数が増え、どうしても下へ下へ逃げたくなりますが、ある程度の高さは意識
して下さい。弾避けも考慮しますと大体上記写真くらいの高さ位から狙うのがいいと思います。
これより下だと望遠でも届かない可能性が出てきます。






[§4 7枚目]

1 ラストです。雨が最高に激しくなります。 今迄通り、右に避けつつも
  ばらまき赤米粒が加わっていますので視界は今までより自機上寄りを目安に。
  
2 弾発射感覚が早い為、超低速移動なら硬貨は自然と重なりやすくなりますので。
  米粒弾に只管集中します。

3 チャージ終了したら、少しでもイケルと思った瞬間即撮影。躊躇していると状況は悪化の一途です。
  折角溜まったのに躊躇し被弾して枕を濡らすんだったら自分を信じて強気で攻めて下さい!><
極力一回の高速チャージで100%になる様
に。実質避けるのは4秒くらいです。
      行けそう?と思ったら        It's shoe times!><




もう一度要点を、


超低速移動で即溜、即写。

その為にはチャージ中の超低速移動解除は極力禁止

米粒弾は弾自体小さいので、弾道の予測がある程度出来れば、数個が固まって落ちてこない限り
超低速移動でも普通に避けられます。


望遠はかなり伸びますが、6枚目以降は下に下に追い詰められないように注意。


以上です。



文章で伝わらない部分はリプレイを用意しましたので
そちらを参照して頂ければ幸いです。



    ■古雨「黄泉中有の旅の雨」







inserted by FC2 system