超人「飛翔役小角」






[ 序文 ]

7枚目までは比較的簡単な為、8枚目1枚をどうにか頑張ればシーンサクセスです☆



[ §1 一枚目から六枚目 ]

1) ローリング八雲は自機狙いですので、超低速でどちらか一方にチャージしつつ進んで行けば被弾しません。

2) 撮影可能になったら撮影し、反対側に切り替えします。

基本はこれの繰り返しとなります。

但し、ローリング八雲が軌道上に置いていった蝶弾が
一時すると動き出しますので、

移動方向のやや上の蝶弾(黄色円らへん)の動向を気にしつつ、
このまま超低速で移動すれば被弾する弾は低速移動に
切り替え、その弾よりも前に移動します。


抜けた直後は再度超低速モードで充填して下さい。
被弾直前に避けようとすると八雲に轢き殺される
可能性が大きいです。

また画面下から蝶弾が上に出てくる事もありますので
最下段よりやや上での移動を。

次いで八雲の写真撮影方法ですが望遠は好ましくありません。
確かに速度が速いので望遠に頼りたくなるかもしれませんが、自機間近で撮影します。

理由は望遠撮影だと被弾率とあまり関係のない所の蝶弾を消し、しかもファインダーが小さくなって
弾消し効果が少ない点です。

序盤は問題ないのですが、後半からは弾も多くなり、自機付近に弾が大量に逗留している状態だと、
それにより撮影後の切り替えし行動がスムーズに取れず、
ローリング八雲に轢かれる可能性が高まるからです。
     黄色線に入ってきたら撮影   自機付近にあった弾を一掃出来ます

早過ぎて見えないという方は音でタイミングを計って下さい。
実際自分も7、8枚目の撮影は音でタイミングを計って撮影しています。

ウィイイイイイン(八雲迫ってくるSE)→ストン(画面下に消える直前SE)

ストンの時に撮影。

馬鹿っぽいですが自分はこんな感じでタイミングを計ってます(^^;









[ §2 七枚目、八枚目 ]

徐々に八雲の速度が上がって行き、超低速のみで充填すると七枚目から被弾してしまいます。


八枚目撮影の説明を最初にします。
八枚目の撮影成功の鍵は、そのローリング八雲はこのまま超低速移動で避けられるのか、
避けられないのか判断する事が一番重要となってきます。


それならば、全部低速移動で避ければいいのでは?と思うかもしれませんが、それだと端から端まで行っても
充填完了にはならないので、矢張りそのままでも避けれる軌道と避けれない軌道の判断が必要となってきます。

画面を縦に赤線で4分割し、それぞれのエリアをA、B、C、Dとします。
今現在自機が(1)の場所に居たとします。

この場合、Aのエリアから出てきた八雲はそのまま超低速でも避けられます。
B、C、Dから出てきた場合、そのまま超低速で移動していると被弾しますので、
低速移動で少し移動して下さい。

つまり同じエリア内だったらそのまま超低速で、それ以外なら低速移動で
避けるという形になります。

また、一応ですがエリアは絶えず変化してる事に注意して下さい。
例えば(2)の位置にいる場合、黄緑線内がそのまま超低速で避けれるエリアです。

4分割はあくまで目安です。もしこの判断が難しいと感じるのであれば
「自機ほぼ真上から迫ってくる以外は全て低速避け」
でもいいかと思います。
     この角度だと被弾します。      この角度だと被弾しません。


端までとの距離と充填率を鑑みて、余裕があるようでしたら微妙な軌道は避けた方が無難です。


七枚目は上の図でいうと(1)に居る場合A、Bエリアからの軌道のものは被弾しません。
また、七枚目の撮影は端で行い、八枚目の移動量を最大に設けるようにします。




      文章で伝わらない部分はリプレイを用意しましたので
      そちらを参照して頂ければ幸いです。



            ■超人「飛翔役小角」







inserted by FC2 system