フランドール・スカーレット前半戦





  [妹君との戯れ-逢瀬-]   [妹君との戯れ-前戯-]   [妹君との戯れ-遊戯-]  







■通常攻撃1 

問題無いかと思われます。









★禁忌「クランベリートラップ」


これはパターン化するとしないでは雲泥の差です。
先ず開幕ボスに張付き攻撃、弾が発生し出したら画面中心まで移動し
弾が右と左で交差(約中央)するので、その交差下で回避します。

次に真下を意識し少しずつ下に下がりながら自機狙い弾を避ける。
下まで行き着き上に登って行く弾をやりすごした後(動かなければあたらない)
左に少しずれ、今度は上に登って行きます。これで1クールです。

ここはフランの動きによって撃破迄の時間がかなり変わってきますが
焦ってフランを追いかけるとパターンが崩れ被弾しますので安全性を重視して下さい。
      弾の交差点で避け(ほぼ中心)   下に下がりながら弾を潜り抜けます 青線の自機狙い弾は一気に下がり
すぎると被弾してしまうので注意!
下から上に登る弾をやり過ごした後、
少し左にずれ上に登りながら黄円辺りの
弾をくぐり抜けます。
この様な感じで以下繰り返しとなります。






■通常攻撃2

先程と攻撃方法は同じなのですが2連針弾の間隔がかなり狭くなっており、
難易度が先程よりかかなり高くなってます。

先ず一番大事なのがクランベリートラップ後張り付き、出来る限りダメージをあたえる事です。
フランの攻撃が始まったら徐々に後ろに下がるのですが、弾避けはなるべく
「縦の移動で避ける」ということが大事です。自機の上が空いたら上へ抜けるという感覚です。
  
フランは稀に途方もない方向に行くことがありますが、
焦って一気に追いかけず一列ずつ正確に横移動した方が安全です。
(その間にフランが自ら寄って来る可能性が結構あります。)



この攻撃は中ボスのパチュリースペルの賢者の石同様、攻撃はきついですが防御力は低いので
開幕から弾幕の薄い開幕数秒後は兎に角ボスの下に陣取るよう意識すれば霊夢Bの張り付き速射力により
左程苦労しないで短期間で決着が付きます。










★禁忌「レーヴァテイン」
1、まず、フランに張付き、フランが時計回りに剣をぶん回してきますので迫ってきたら画面左上端へ。

2、そうするとフランが自機すぐ下に来ます。次にフランが右に移動しますので
  フランの後を追うように画面一番右上端へ移動します。

3、フランが画面真ん中へ移動し、反時計回りに剣をぶん回してきたら、その後に続くように
  自機を剣の軌道同様反時計回りに移動させフランに張付きます。以下1から繰り返しですが
  きちんと撃ちこんでいれば繰り返すことなく倒せます。








■通常攻撃3

問題無いかと思われます。








★禁忌「フォーオブアカインド」

基本的に気合系ですがそれでも幾つかのポイントを抑える事により比較的楽になります。
基本スタンスはボス本体狙い速攻撃破型です。
ですがフランの攻撃展開中は自機周りの弾避けに専念し、フランの位置ちょくちょく確認する事は避けます。
割合的に7:3くらいでいいと思います。

では基本スタンスの「ボス本体狙い速攻撃破型」とはどういう意味なのかと言えば
開幕弾幕が薄い時とボム直後の弾幕が薄い時の張り付き、この2点が重要となってきます。

また攻撃展開中は下手に動かない事。これは4人のフランがその位置から動かないと仮定するならば
一回避ければその場所は安地となるからです。(大弾が偶に来るので完全安地では無いですが)
これは仮定の話でしたが、実際もそうそう移動しません。
つまり今避けてる弾幕の形が急に大きく変わることは無く、変化した場合でも
少しの動作で避けられる事が多いと言う事です。
1 開幕フラン本体は必ず左に行きます。開幕張り付きつつ弾幕が迫ってきたら徐々に下がります。
  弾幕が薄い開始数秒はフラン本体下に必ず陣取りダメージを与えます。

2 弾幕が展開されたら、弾避けに専念します。下手にフランを追おうとすると焦りから被弾の元です。
  危険が迫れば早めに決めボム。ボム発動中でもニセフランには攻撃が効きますので、自機上付近の
  ニセフランに張り付き攻撃。(攻撃を与えていた可能性が有り、撃破出来る可能性が有る為)

3 こんな感じで一人でもニセフランが減ればかなり楽になりますが、基本スタンスは矢張り本体速攻撃破。
  ボム発動後フラン本体の当たり判定が戻ったら開幕同様の流れで。弾幕形成後少し撃ち込めば撃破出来ます。








■通常攻撃4

問題無いかと思われます。








★禁忌「カゴメカゴメ」

このスペルカードも先程同様開幕とボム後きちんと張り付いてるかで決まります。

1 開幕ボス下に張り付きます。Y軸の目安はフラン魔方陣の魔方陣外枠◎の内側の○上
  に自機当り判定を置きます。(黄丸)

2 弾幕が形成されてきます。次に下に下がる為予め通るルートの確認をします。またすぐ下に下がれるように
  予め弾幕の隙間に自機を微調整しておきます。

3 弾幕が完全に形成されたら下に下がります。低速で十分間に合いますので落ち着いて。



4 黄四角内でフランに攻撃出来る場合は攻撃を。出来ない場合でもその外に出ないで弾避けを。

5 大弾が自機に当る直前に決めボム。

6 ボム効果が切れると次のクールに移ります。弾幕形成中の間を縫ってフランに張り付きに行き撃破します。
  弾幕が崩れる前までが勝負です。ただこの動作はフランの体力ゲージと相談になり、1クール目の弾幕崩壊中
  フランが黄四角内で捕捉出来ていたのであれば写真位置辺りからの攻撃でも撃破出来ます。逆に弾幕崩壊中に
  フランを黄四角内で捕捉出来なかった場合、出来る限り近距離で攻撃する必要があります。

  2クール目の弾幕崩壊を避けるよりも弾幕形成中の弾幕の間を縫ってフランに近距離攻撃を仕掛ける方が
  被弾率は少ないと思いますので、こちらで勝負をかけた方がいいです。









■通常攻撃5

問題無いかと思われます。









★禁忌「恋の迷路」

慣れるまではかなり難しいスペルカードです。
理由としましてスペルカード難易度もそうですが何より
ボムによる仕切りなおし効果がほぼ得られないのがキツイです。

このスペカの攻略法と致しましては兎に角回数をこなし慣れて頂く他に有りません。
というとちょっと絶望的ですが幾つかの要点を抑えれば我武者羅に回数をこなすよりは
大分早めに対処出来る様になります。

要点とは毎回弾幕の切れ目を抜ける場所は全て同じですので大体ここが切れ目という目星(心構え)を
つけ、次に実際弾幕を視覚で認識し避ける形になります。
何それ・・・って感じかもしれませんが経験上
この目星(心構え)があるのと無いので心に余裕の出来方が全然違い、被弾率に大きく関わってきます。

これが出来てくると避けるリズムが生まれてきます。回るリズムです。このリズムが掴めればスペカ取得も近く
ここをノーミス安定して抜けれるようになります。しかも霊夢Bの場合一周すれば撃破可能です。

また上述通り、ここはスペカによる潰しが非常に利きにくい為、スペルカード取得の勢いで乗り切ります。
1 避け方ですがフラン魔方陣の一番外側上をなぞる様にフラン真下から反時計回りに回り
  最後は約1時の方向に抜けます。
これは毎回固定です。先ずこれを頭に叩き込んでください。

2 次に弾幕の切れ目の潜り方ですが、弾幕の切れ目に自機を移動させたら次に潜る弾幕の切れ目
  を視覚で認知し、移動を開始します。これの繰り返しです。慣れないうちはどうしても怖がってかなり外側を
  回ってしまいがちですが、上述通り魔方陣の外側をなぞる事を意識して下さい。

3 黄色は最後の切れ目です。これを抜けたら素早くフラン下に張り付きます。



4 次に時計回りの弾幕が来ますが、回らずにフランに張り付いて攻撃します。
  最初はフラン真下に切れ目が来ますのできちんと張り付いておいて下さい。

5 次の波(青線)が一番下に来るまでが勝負です。
  最初の波(黄緑線)と一緒の速度で徐々に真下に下がっていきます。

6 途中で中弾が来ますが怖がって下に移動するのではなく、写真の様にちょんっと横に移動します。
  最後は青線の波のすぐ下に陣取って徐々に下がって行けば撃破出来ます。










■通常攻撃6

先程の恋の迷路前の攻撃の強化版です。弾速、弾角度が上がってます。
ここまでこれる実力があるなら問題ないと思いますが油断してると被弾します。









★禁弾「スターボウブレイク」

開幕速攻で画面左端に行き「Enemy」の表示の「n」と「e」間に陣取れば
安地となりますので、タイムオーバーまでこれで遣り過ごします。






後半戦へ



  [妹君との戯れ-逢瀬-]   [妹君との戯れ-前戯-]   [妹君との戯れ-遊戯-]  



                    [サイトtopニ戻ル]



inserted by FC2 system