Stage5 「紅いに瀟洒な従者を」




      [stage1]  [stage2]  [stage3]  [stage4]  [stage5]  [stage6]              










物語も終盤に。
5面はほぼ覚えゲーと言っても差し支えない。
個人的に4面より難易度はかなり易しめだと思います。
2機死で乗り切ります。




 
★道中前半

 前述通り完全覚えゲーとなります。

 1 開幕画面右上端(もしくは左上端)に行きます。
   妖精が上から左右二体現れ、青全方位弾を撃ってきます。これは自機狙い弾なので、
   妖精が全方位弾を吐き終えた直後、ほんの僅か下に下がります。これで避けれます。

 2 次に画面上中央に移動し、また妖精が左右二体現れ、青全方位弾を撃ってきますので
   妖精が全方位弾を吐き終えた直後、ほんの僅か下に下がり避けます。

 3 1と2をもう一度ずつ繰り返します。

 4 その後の妖精2体が全方位弾を撃つ前までに、米粒弾を避けながら下記写真5番目の
   黄色円らへんに下降します。

 5 この後の妖精の全方位弾も自機狙い弾です。自機に当たる直前に少し右にずれます。
   これを三回避けるのですが、三回避けた時に大体画面中央にいる様にします。

 6 そうすると、画面真ん中から次に来る妖精を自動的に速攻撃破できますので、真ん中妖精を倒しつつ
   「大P」を取って弾消し効果を利用しつつ、左に動いて左妖精を速攻撃破。撃破後、真ん中妖精を撃破。
   その後、右妖精は放置し弾避けに専念する。
   
   ここは完全パターンです。PracticeModeで練習すればすぐ慣れると思います。
  弾が放たれたら、僅かに下がると         当たらない。 次は真ん中で、僅かに下がると
     同様に当たりません。 黄円内位に妖精が来る前に着地する    この状態までに着地します
   中心に向かいつつちょん避け 三回避けると、丁度真ん中辺りなんで    中央妖精を撃破しつつ左へ
 途中「大P」を取って弾消しを利用し 速攻左妖精を撃破し、中央妖精へ 中央妖精撃破後、適当に弾避けでOK
   
   



★十六夜咲夜(中ボス)

 ★通常攻撃

  ナイフとクナイ弾を射出。クナイ弾の右から入り、クナイ弾とナイフの道を通り左に抜けます。
  ただ、ナイフとクナイ弾は当たり判定がほぼまんま判定ですので精密な避けを要求されます。
  ここは決めボムで乗り切ります。開幕の張り付き、決めボム時の張り付き、決めボム後の張り付き
  を有効活用します。
実際は次の写真通り道がもっと広がる 道の速度の流れに乗って通り抜ける感覚で 自分のシックスセンスを当てにしる!!(`・ω・´)
     クナイ弾の右から入り   道なりに沿って左上から抜ける   嫌な予感がしたら、さっさとボム。




★奇術「ミスディレクション」

 何も知らないと、凄すぎます!な攻撃。タネを知れば簡単な攻撃。
 咲夜は画面真ん中から左右どちらかに移動しながら先ずクナイ弾をばら撒きます。
 その後反対側に移り、自機狙い高速ナイフを連射してきます。

 まず画面真ん中で待機、咲夜がクナイ弾を撃って左右どちらかに移動します。
 この時自機が動かなければ綺麗なクナイ弾の道が出来ます。
 その頃咲夜は反対側に移り自機狙いナイフを撃ってきますので左右どちらか一方方向に避けます。
 
 咲夜は最初画面中央から右に動いたら、二クール目は左、三クール目は右と交互に撃ってきますので
 それを先読みして攻撃すると楽に速攻倒せます。

 が、今回は時間ギリギリまで粘ります。何故かと言うと咲夜撃破後は雑魚ラッシュとなり5面道中の山場です。
 咲夜を倒す時間が早いほど、この雑魚ラッシュが長くなりますので、粘ります。
 が、粘りすぎて倒せないと1upが回収出来なくなりますので、それは防ぎます。

 目安はタイムカウント音(残り10秒)が発生するまでダメージをある程度減らしておく。タイムカウント音が
 発生したら倒します。もし粘り過ぎて撃破がやばいと思えば決めボムを。
左に動いた場合、クナイ弾線(黄線)の
すぐ右に陣取る
そして咲夜のナイフを右に少しずつ
ちょん避けして行く
右に動いた場合は、反対になりクナイ
弾線のすぐ左に出て、ちょん避け
ボムで楽勝♪ 見かけ倒し!
10秒位までに写真位までゲージを削り、
10秒切ったら撃破を実行する。
これで後半ラッシュが無力化出来る。
撃破に間に合わなければ決めボムを




★道中後半

 雑魚ラッシュ。右端(若しくは左端)で避ける。これは敵弾が迫ってくる方向を少なくする為です。
 奇術「ミスディレクション」をきちんと粘って倒したなら、弾幕が一番下まで迫ってきた頃決めボム
 これで何ら問題なくラッシュをカット出来る。

 その後自機狙い全方位弾のメイドラッシュ。一方方向にちょん避けしていけば楽勝。




★十六夜咲夜(ボス)

メイド長、咲夜の登場です。ここまで順調に来て、ボム丸ごと抱え死とかは精神汚染300%です。
ペース乱されまくりです。
ここまで来たならクリアに確執していきます!分かり易く言えば、ボムで押して押して押す。
基本的にここは一攻撃に対し1ボムで押します。
くどい様だが、ボム中は必ず張り付こう。



★通常攻撃1
 
 魔方陣4つから塊針弾、咲夜がナイフ弾を撃ってくる。その後全方位ナイフ弾を射出。
 これで1クールとなる。

 先ず咲夜に張り付き、弾がきたら徐々に下がる。
 針弾は下に行くほど拡散するので、真ん中やや下あたりで避ける方がいいです。
 すると今度は咲夜が全方位ナイフ弾を射出します。これはやや速いですが、見て避られます。
 これで1クールです。咲夜は全方位ナイフ弾を射出した後、暫く固まりますので
 そこで張り付いて攻撃します。

 ですので、全方位ナイフ弾を潜って上に行き咲夜に張り付きに行きます。
 この攻撃は何気難しい。

  ムのタイミングは一回目咲夜の全方位ナイフが射出された瞬間。これと一機死で乗り切る
下に行くほど針弾は拡散してしまう 咲夜がナイフを撃った瞬間決めボムで 張り付く




★幻在「クロックコープス」

 先ず、針弾をばら撒き、時間を止めてナイフを配置、時間が動きだし攻撃する。
 ナイフは自機狙いなので左右どちらか一方向に移動すれば、ほぼ問題なくさけられる。
 多少にナイフがばら撒きが含まれているが、目視で避けられる難易度なので問題ないです。

 ボムのタイミングは一回目、時が止まり動き出し、弾が下まで来た瞬間。これで倒せる。
開幕張り付き、攻撃が来る前に下がり 時が止まり弾が配置されたら、下に下がりつつ攻撃
下まで弾が迫ってきたら決めボムし張り付く ボム中に次のナイフが配置されるが、当たらない。引き続き張り付け!


 

★通常攻撃2

 魔方陣4つから塊クナイ弾を、咲夜がナイフ弾を射出。塊クナイ弾は画面外で反射する仕様。
 ただし一回反射したもの、再度反射することはない。また画面下では反射することはない。

 これは基本的に気合避けになる。不意の被爆を防ぐ為、咲夜を追いかけつつも
 画面端には行かないようにする。いつでもボムを押せる心構えで臨みます。

不意に死に易い。早めの決めボムでもいいかと思います。




★幻象「ルナクロック」

先ず、全方位に針弾を射出、時が止まりナイフ弾を配置し時が動き出し、
ある程度のナイフが方向を変え飛んでくる。

幻在「クロックコープス」と基本は同じだが、ランダム弾なのでこちらの方が少し難易度は高い。
因みに方向を変えるナイフ弾はナイフ弾の色が変わる目印があるが、
そんなの気にせず自機に近づいてくるものを避けるようにする。

開幕張り付き→時が止まり動き出して弾が一番下まで迫ってきたら決めボム→速攻張り付く→撃破。
要はボムのタイミングは幻在「クロックコープス」同様で倒せる。

先程同様に倒せる





★通常攻撃3

回転しながらナイフ拡散弾を撃ってくる。通常攻撃2同様の画面外反射ルールがある。
この攻撃多方向の攻撃を一度に避ける必要がある。
ここを切り抜ける為には

・開始直後の弾幕がスカスカな時に出来るだけ張り付く。
・可能なものはナイフ拡散弾が拡散しないうちに、固まりごと避けると弾避けが容易になる。

 を覚えておこう。
 耐久力はないので、速攻で撃破するような感じで。一機死で切り抜けたい
ナイフの間で無く、出来れば塊で避けた方が効率がいい よくナイフの流れを見よう




★メイド秘技「操りドール」

4wayナイフ弾を2連続射出、時間を止め、方向を変え飛んでくる。これがずっと続く。
勿論画面外反射ルールが付属する。そして秘技だけあって新たなルールが付属する。

時間を止めても、方向を変えないで飛んでいったもの(画面下に飛んでいったもの)のうち、
幾つかは画面上に反射する。やはり方向を変えるモノはナイフの色が変わる。

逆に言えば色が変わったモノはもう方向を変える事はないが、
色が変わってないモノは方向を変える可能性を含んでいるということになる。

攻略の仕方は

・開幕時、ボム後の弾幕が薄い時がチャンス。
2回ナイフを撃ったら一回ボムで張り付きが目安。
ここは2ボムで切り抜けます。

これで楽に倒せます。
一回目射出 二回目が射出されたら 決めボム発動→張り付き。これをあと一回繰り返す

この面で6000万エクステンド。




      [stage1]  [stage2]  [stage3]  [stage4]  [stage5]  [stage6]              



                     [サイトtopに戻る]



inserted by FC2 system