Phantasmスペカゲット攻略



       
          [百鬼夜行]  [八雲紫との戯れ-事象-]  [八雲紫との戯れ-事由-]  [八雲紫との戯れ-爾後-]




       

★結界「夢と現の呪」
ph攻略同様に端から一方向ちょん避けが基本です。
やや端になったらそろそろ切り返す事を考えます。
タイミングは今避けてる米粒自機狙い弾と次の米粒自機狙い弾の間を潜って反対側に
切り返します。

もし切り替えしが苦手なら(または状況的にキツイと感じた時)、切り返すときに次の
米粒自機狙い弾を上手く誘導して潜る時の幅を大きくしてやりますと安定します。

例えば写真2の時に咲夜を少し上に移動させて青円の米粒自機狙い弾の起動を
上に持っていくことで赤線の米粒自機狙い弾の間隔が広がり比較的容易に
潜ることが出来ます。
米粒弾は自機狙いと言っても一回
ちょん避けしただけでは被弾します。
目で見て避けます
キツイと思ったら自機を少し上に持って
行き、次の米粒弾を誘導し反対側に
行き易くします。
  切り返しはこれ一回で撃破可能






★二重黒死蝶

ユーニラタルコンタクトより攻撃内容はきつくなってますが弾幕密度は低くなっていますので
どっこいどっこいです。

先ずは蝶弾を避けます。蝶弾が上空に収束する時は「やや端やや下」で避ける。
これはニラタルと理由は同じで「やや」というのが画面端だと外からの不意の弾に対応できない為です。
神経は自機下に集中します。

次がこのスペカの最大の山場、蝶弾とナイフ弾の攻撃がダブルで来る場面ですが
この重なり攻撃、考え方として、「ダブル攻撃」でなく、「こういう攻撃が一個単品でくる」と考えた方が
気持ち的に結構楽で心理的に余裕が少し出来ます。(・・・・自分だけかも(^^;


・ナイフ弾は初速度は速いですが徐々に遅くなっていきます。
・蝶弾は初速度はナイフ弾と比べ遅いですが徐々に速くなっていきます。


この場合どっちに視点を重点的に置いた方がいいかと言えば蝶弾になります。
ナイフ弾は初速度が速い為どうしても目が行きかちですがそれが被弾の元です。
自機付近に到達する頃にはスピードは落ちていて2、3個ナイフを避ければ
大体ナイフは止まっていて収束運動になります。

蝶弾の場合自機に到達する(画面一番下)頃にはスピードがそれなりに上がっていて
蝶弾は画面外に出て行く為避ける個数も多いです。

よってこの二重攻撃の避け方として

1 先ずぱっと見でいいので、自機付近で比較的弾幕の薄い場所へ移動。

2 次に自機やや上の蝶弾に意識を集中し、避ける。
  蝶弾を避けてる時視界でナイフ弾を捉えてて被弾しそうなら避ける。
  それくらいの認識でナイフ弾はいい。(もうこの頃にはナイフ弾は止まっている筈)

この位の場面で先ずはぱっと見でいい
ので弾幕の比較的緩い位置へ
自機に迫ってきたら蝶弾を避ける事に
重点を置く。

3 蝶弾が画面外に全部出終わる少し前にナイフ弾が収束運動を始める。
  この時はもうナイフ弾に意識を集中します。蝶弾同様端にいると不意に被弾するので注意。

4 次に今度の二重攻撃はナイフ弾が外に出て行き、蝶弾が画面内に滞在する。
  よって今と逆で、ナイフ弾は徐々に速くなり、蝶弾は徐々に遅くなる。

  なので先程と逆の対応をすればいいのですが、弾幕密度は蝶弾>ナイフ弾なので、
  自機到達1、2秒は蝶弾も意識した方がいいと思います。

咲夜だと弾避けに専念出来ますが、3回くらい二重攻撃を避けなくてはなりません。
短気決戦で決めたいのなら紫正面でミサマリがいいでしょう。
ミサマリだと二回目の二重攻撃中には倒せます。
ナイフ弾は判定が大きいのでこういう
比較的容易な場面でも気を抜かない事
次は反対にナイフ弾に集中するが蝶弾
にもやや気を配った方がいい。








★「人間と妖怪の境界」

スペカ取得は孤狗狸さん同様数をこなしていけば、次はこうくる、それでこう・・・と先読み出来て
きますので、心にも余裕が出来て取得度アップです。開幕何気に被弾しやすいので毎回同じように
動きをパターン化するのがいいと思います。間違っても中央で一気に4方向の弾を避けるのは
被弾度アップですので、一個ずつ弾幕を避ける方法を取ります。
もし分からなければ稚拙ですがこの攻略のリプレイを見て下さい。







★結界「生と死の境界」


飯綱権現攻略と同じように今回も(咲夜より取得が簡単なので)レザマリで攻略します。
飯綱権現取得方法と殆ど変わりありません。

1 このスペカは攻撃を一定以上ずつ与えることによって、攻撃が段階的に激しくなって行きます。
  先ずは、第二段階までの状態(6連米粒弾と3連蝶弾の状態)で紫を左一杯まで誘導し、
  ボスの位置印の「Enemy」の「e」より左側でなるべく「e」に近い地点で、この第二状態で
  安置になるとこを微調整などをして模索します。

2 それが出来たら、攻撃を与え続け、第三段階(第二段階+赤2連大弾)状態にします。
  第三段階移行目安は、画面上の敵ライフ線の下、スペカ名、結界「生と死の境界」と書いてある
  これ→ 「 です。この第三段階の状態で紫真下に大弾が来ない状態
  (要は自機が被弾しない状態)だったら、安置の完成。

  被弾しそうなら、少し微調整し(紫を一旦右にちょっと移動させて再度左端まで移動させる事)
  それでも駄目なら、反対側の右端で安置が出来る事が多いので大弾も加わり、
  微調整が難しいですがトライしてみて下さい。

  また今回は30秒を過ぎると自機狙い弾が発生しますので、あんまり安置作成にもたついていると
  安置がなくなります。(余程の事じゃない限り大丈夫ですが)

3 あとは撃ち込んで

4 撃破!!
  先ずは紫を限界移動させて、
  そこで安置模索
「を過ぎたら大弾発射。安置じゃ
ないなら微調整、それでも駄目なら
反対側で挑戦。
結構ギリギリですが、撃ち込んで          撃破!!




   [百鬼夜行]  [八雲紫との戯れ-事象-]  [八雲紫との戯れ-事由-]  [八雲紫との戯れ-爾後-]




                     [サイトtopに戻る]



inserted by FC2 system