BOSS 八雲 藍



 
 [妖怪道中記]  [八雲藍との戯れ-朝餉-]  [八雲藍との戯れ-夕餉-]   [八雲藍との戯れ-餉給-]



                


      いよいよここからが正念場となります。
      ボムをばんばか使いながら、いい流れを作り、テンポ良く!



★通常攻撃1

通常攻撃1、2、3は基本的には同じ内容になっている。1が一番簡単で3、2の順で難しい。
3は1と比べ弾速が速くなってるだけだが、2は1や3と比べ弾幕密度が濃くなっている。
八雲はクナイ弾を大量に放出してくる。が薄い色のクナイ弾は自機狙いなのでこれを利用する。

先ず、やや端の方に陣取り(今回ここでは左)、攻撃が始まると自機狙い弾の為、動かなければ
綺麗なクナイ弾の道となる。クナイ弾が迫ってきたら、ちょん避けで一方向に避ける


この避ける度合い(右に避ける度合い)が大きい程クナイ弾の道はぶれる。
でも別に自機狙いなら楽勝じゃん?と思われるが、自機狙い弾だけ飛んでくる訳ではないという事。

クナイ弾には薄い色と、濃い色がありますが、薄い色は自機狙い。濃い色はある程度ランダムで
飛んでくる。つまりは濃い色のクナイ弾はきちんと見て避ける必要性が出てくる。

また、逆に(今回は左に進んで行くので右に進むという事)進むと大きくクナイ弾の道が
ぶれるのでどうしてもと言う時以外は逆方向には行かない方がいいです。それらを踏まえた上で
クナイ弾の道から外れて、濃い色の
クナイ弾が迫って来た時
こういう弾道ならば右に避けるが 八雲が動いた拍子でカーブに軌道が
なった場合、動かないでやり過ごす。

   当たり前の事といえば当たり前の事なんですが、兎に角、通常攻撃1、2、3は
   端から一方向にちょん避けしつつ、濃い色のクナイ弾の軌道をよく読んで移動する。
   
攻撃はくどい様ですが、咲夜が勝手にやってくれますので弾避けに専念します。

赤円が自機狙い、黄円がランダム弾    動ける範囲を気にしつつ、
   ランダム弾を避けます。
    通常攻撃1、2、3の中で一番簡単ですのでここはノーボムで切り抜けます。






  ★式神「仙狐思念」


  仕掛けが分からないと激ムズ、分かれば簡単の紅魔郷の咲夜のミスディレクションみたいなスペカ。
  大弾射出→大弾が割れて鱗弾がわんさか出てきます。これで注目して欲しいのが写真一枚目の
  黄円の鱗弾。

  要するに大弾が割れた時、鱗弾は四角に最初形状されています。これの一番下の角の
  部分の鱗弾。こいつが自機に当たるなら左右どちらかにちょんと避ける。当たらなければ、
  そのままいれば当たらない仕掛けになっています。

  写真一番目はこのままでは被弾しますのでちょん避け。
  写真二番目はこのままいれば当たらないので待機。
     この場合ちょん避け     この場合はそのまま待機
  というような感じです。ここでも避ける時は一方向に避けることが大事です。
  また開始直後に結界がかなりの確立で発動します。発動したら最初大弾が割れた直後
  結界を壊します。

  これで6千位桜点が入ります。そうすれば大体、咲夜Aでこのスペカ撃破した後、
  結界が発動する感じになります。

  スペカを取るなら、結界を壊さなければいいだけです。撃破後1up回収を忘れずに。








  ★通常攻撃2

  結構ムズイですのでここはボムで乗り切ります。
  先ず、前スペカ撃破直後結界が高確率で(前述通りなら100%)発動しますので、
  先ずは出来るだけ避けます(避け方は通常攻撃1参照)
    
  上手く被弾せず、結界が消えそうになったら結界を必ず壊して弾消し。再度、クナイ弾が迫ってきたら
  決めボム。これでまた再度クナイ弾が迫ってきますが、ちょっと立てばすぐ撃破で楽勝。
すぐ結界は発動しますので1up等は
自動回収の形になる
結界は被弾しない限り、凋ませず
必ず壊して弾消し
   それと決めボムで楽勝です。






    ★式神「十二神将の宴」

    第2スペカながらいきなりハイなものがくる。ここはごり押しで抜けます。

    1 下図一番目の写真が開幕当初の図。大体この位置から咲夜は徐々に弾幕に合わせて下がる。
      その際開幕時に結界が発動してる場合図の黄円斜線らへんで結界を壊し少し右へ行き、ボムがないので
      気合避け(八雲下が比較的避けやすい)

    2 写真2番目らへんがこのスペカの山場となります。
徐々に下がり、黄円らへんで結界を壊す アドリブ全開で頑張るだけ頑張って被弾。
     徐々に下がって、右へ。    発狂です。アドリブ。気合避け。

3 発狂直後被弾しても写真3番目のようにゆるゆるの弾幕になってる(要は殆ど発狂がカットされる)

4 そうするとまた写真一番目に戻りますので同じように徐々に下がります。
  一番下まで下がったら決めボム→その後少し撃ち込めば発狂が再度形成される前に撃破。

これくらいの弾幕は頑張って避けつつ、最初の位置へ 一番下まで下がったら決めボム→撃破
発狂開始後すぐ被弾しても、再度発狂
状態にはならない。この間に攻撃!
     色気を出さないで決めボム


写真4番目の敵のライフを見るとあともう少しで撃破です。なのでつい色気を出して、あともうちょっと粘れば!
って思うかも知れませんが、ここはボムです。ボム4つ抱え死には精神汚染レベルが高いですし
ここは石橋をばこばこ叩きましょう。
    
★式神「十二神将の宴」を取得するなら








★通常攻撃3

通常攻撃1の弾速が早いver。大して1と難易度は変わらない。
ここは結界と決めボムで楽勝に抜けます。(避け方は通常攻撃1を参照)
         結界と       決めボムで楽勝!








★式輝「狐狸妖怪レーザー」

  怪しげなネーミングですがコツさえ掴めば簡単です。
  自機狙いの大弾と小中弾を射出、その軌道上にレーザーを配置し攻撃してくる。

  この攻撃は、自機をボスが追って移動する特性を利用する。という事はボス中心より右にいれば右へ
  左にいれば左へ追いかけてくる。避けは画面真ん中辺りで行います。

  1 先ず開幕ボスより右に今回はいます。(即ち今回は、ボスも大弾を射出後右に動きます)

  2 大弾が発射されたら右に動き、大弾らを避けます。その軌道にレーザーを配置。
    写真2番目の様に太いレーザーには当たり判定があるが、細いレーザー線にはまだ
    当たり判定がない。この当たり判定がない時に微調整します。
大弾を垂直に撃たせる為、ボスと離れ過ぎないこと 焦らずに〜。
ここでは右にボスを誘導するのでボス
よりちょい右で待機
   大弾発射音が聞こえたら移動


3 次に第二波がくる前に最初右だったので今度はボスより左側にいます。
  その時に左に行く為にはレーザーとレーザーを付け根部分を潜る必要がありますので、
  いつでも右にスムーズに行ける様準備しておきます。


4 大弾が発射されたら、レーザーとレーザーの間を潜って左へ抜けます。

5 今度は右へ行く準備をして・・・と右左右左…と交互に避けて行きます。→撃破。

スタンばって、ばっちこーい! 先程同様、発射音が聞こえたら動く、これの繰り返しです
次の大弾が発射されるまで、ボスより
左で待機する
  慣れれば安定するスペカです。



  このスペカのコツは出来るだけ大弾を垂直に撃たせることです。それは
  大弾を垂直に撃たせる→レーザーが垂直→レーザーとレーザーを間を潜るのが容易になる!
  という理由からです。即ち出来るだけ、八雲の中心からすれないで、誘導させる事がポイントと
  なってきます。

  大体写真3番目くらいずれていれば、きちんと来てくれます。写真1番目もセーフですが
  これ以上右にずれるとちょっとレーザー避けが困難になってきます。
    
  撃破後ボム回収。






      ★通常攻撃4

      一番甘い閑話休題自機狙い弾。画面端から当たる直前一方向にちょん避けすれば楽勝。
      ここで結界が発動してしまったら、即壊して、次のスペカ時に結界が発動する様少しでも桜点を稼ぎます。

     
        ただ、油断すると刺さります







    ★式輝「四面楚歌チャーミング」


     Extra屈指の難易度スペカ。
     殆どの方が超ムズスペカと言われていますが、幾つかポイントを抑える事により「超ムズ」から
     「ムズ」スペカに難易度を落とすことが出来ます。このポイントはスペカゲットする際にも全く同様
     ですので合わせて攻略。

     ☆ポイント

     ・八雲を開幕時に左右どちらか端に出来るだけ誘導する。
      最初八雲は正面にいるので正面で一生懸命撃ち込もうとするが、実は八雲が正面に居る時の攻撃程
      キツイ弾幕は無い。八雲が左右の端に移動する程、弾幕は比較的避けやすくなる。
 
      ですので開幕時に写真1番目のようにボスを左右どちらかに誘導します。(ここでは右へ)
      八雲の左右移動の端の限界は写真2番目。左端も同様。これ以上は端にいかないし、
      ここ位迄誘導すれば充分です。

     ・大弾はただの目くらまし。本当の敵は米粒ワインダー
      このサイトの他の攻略でも何度も述べて居ますが、大弾はその大きさから心理的圧迫があり、
      つい大弾に目がいきがちですが、実際の当たり判定は中心の黒い部分だけです。ですので写真2番目
      ですが、咲夜の上に大弾が迫ってきていますが、大弾のアタリ判定を青色でペイントしますと・・・
      全然スカスカですよね。このように大弾はただの目くらまし。

      では何故目くらましがあるのか。それは本当の敵、米粒ワインダーから目を逸らさせる為です。
      この米粒ワインダーは単純なワインダーではないです。大弾の数倍軌道が時々刻々変化してます。
      なので大弾に気を取られていると、知らない間に被弾します。つまりは

     ・敵弾軌道の先読み力が大事
      この形は、次にどうなるのか、とすれば、どこに行けば安全になのか。という事を常に模索します。
      意識的には米粒ワインダー:大弾=7:3位の割合で意識を割くのがいいと思います。

     ・後はチャンスがあればどんどん上へ逃げる
      下に行くほど逃げ場は無くなります。米粒ワインダーが上に開けてる時があれば積極的に上へ行きたい。


      以上がポイントとなります。
      ★四面楚歌チャーミングを取得するなら(補足等)


     後はスペカゲットな方以外はボムが3つありますので、上記の要点を踏まえつつ、危なさげならボムを
     躊躇なく使い、ここを乗り切ります。ボム3つ全て使いきる気持ちで臨んで下さい。
     そうすればノーミスでいけると思います

八雲、移動するの巻き。 大弾なんてただの飾りです!エロイ人にはそれが分からんのです! ボムは3つある。少しでも危なそうだったらボム
   先ずはボスを誘導します。 大弾は飾り。ワインダーが本当の敵。 危なそうだったら、ボムをずがーん!
ボム後は最大のチャンス! ボム祭り 年中ボム祭り
 ボム後、出来るだけ上へ行こう      躊躇せず、ずがーん。     3つ全てを使い切る意識で!







     ★通常攻撃5

     ここは偶数弾、奇数弾による攻撃で、気合避けの割合が大きい。
     避けるコツは出来るだけ八雲下をキープしつつ、真下に軌道を描くクナイ弾のところを潜る。

     恐らく前スペカのせいで結界は発動しますので先ずはこれに頼る。被弾しなかったら、
     必ず凋む前に結界を壊す。次にボムが無いので気合避け。→被弾。
 
     この一機死で次に進みたい。ポイントとしては開幕、結界壊し又は被弾後の弾幕が薄い状態に
     どれだけ上の方で攻撃出来るかが肝となる。たかだか1,2秒の違い。しかしそれがSTGに於いて
     どれだけ大事かはご存知の通りです。     

     
      地味に難しいです。なるべく二つ以上
      一緒に避けないこと
   
      ※もしこの攻撃以前に何処かで1ボムを減らせるのなら(若しくはういたのなら)
      ここに充てるのがいいと思います。








     ★プリンセス天狐-Illusion-


     ある意味Extraで一番難しいスペカです。理由は

     ・先ずは、コツを掴むまで多少慣れが必要な点。
     ・ボムという手段が殆ど有効ではない点。
     ・咲夜だと攻撃力が足りなく、速攻撃破のこのスペカではきつい点。

     以上3点です。

     この攻撃は八雲が自機狙い大弾を撃ちそれに中小弾が混じる。また大弾発射時に全方位弾を撃つ。
     そうすると、八雲は消え自機の位置に現れます。これの繰り返しで、時間が経つにつれこの間隔が
     短くなっていき、非常に厄介になってくるので速攻撃破を狙いたい。
     また、八雲には当たり判定がなく、消えてる間は当然ダメージは受け付けない。


     1 先ず、八雲下で待機。自機狙い大弾を撃って来たら結界が発動してる場合は壊し、左端やや上
       (若しくは右端)へ行く。
       結界がない場合は全方位弾に注意しつつ移動。(大抵、結界は発動しますが)

     2 その場所に八雲が現れますので少し下がって撃ち込みます。(ここがこのスペカの唯一の
       攻撃場所ですここできちんと撃ち込まない程、撃破が困難になってきます。)

     3 大弾発射音が聞こえたら、ダッシュで画面右端やや上に行き、八雲が現れるのを待ちます。
       ここで先程放たれた全方位弾を気にします。(写真5番目)

       八雲が現れ、下に下がった時、この全方位弾が水平方向に飛んでくる様な
       位置が好ましい。(写真6番目)

       先程から、今の位置よりやや上に移動と言ってるのは、大弾が発射され、反対側へ移動する時
       この全方位弾を避けやすくし、スムーズに高速移動で移動出来るようにする為です。
       この全方位弾避けでもたついていると、八雲の誘導が出来なくなります。

     4 また、咲夜だとどうしても速攻撃破が出来にくく、後半誘導に失敗しやすいです。(写真7番目)
       こうなっってしまったら、兎に角先ず撃ち込む。次に大弾が発射されたら下に移動し、
       そこに八雲が現れたら、決めボム。上に高速移動し八雲を上に誘導する。
       そしてその下で撃ち込み。これで撃破は出来る筈。

       ★プリンセス天狐-Illusion-を取るなら(捕捉)
先ずはスタンバイ 結界が無い場合は全方位弾が水平に来る位置に行くこと! ここが攻撃する唯一のチャンス
先ずは八雲下で待機、大弾が発射
されたら、
結界を壊しつつ左へ。結界がない
場合は全方位弾を良く見て移動。
八雲が自機の居る場所に来たら一歩
下がり、撃ち込み開始!
勿論高速移動で 全方位弾を水平方向に避けるように調節する すぐ高速移動で左に抜けられる体勢
大弾が発射されたらダッシュで
右ちょい上へ移動。
一歩下がった時、放たれた全方位弾
が水平方向になるように
        こんな感じで
誘導失敗フォロー。左右振りから上下振りへシフト 八雲を出来るだけ高い位置へ誘導する 八雲が下に下がるまでに二回は撃ち込むチャンスがある。これで撃破しよう
後半キツく誘導に失敗したら、
兎に角先ず撃ち込んで下に下がり
大弾を避け八雲が現れたら、決めボム
そして上へ行き、八雲を上へ誘導
ここできちんと撃ちこもう。
これで撃破は可能な筈です。



    後半戦もオラオラオラ!!!ヽ( `・ω・´) メ(`・ω・´ ) ノ

 
[妖怪道中記]  [八雲藍との戯れ-朝餉-]  [八雲藍との戯れ-夕餉-]   [八雲藍との戯れ-餉給-]



                        [サイトtopに戻る]


inserted by FC2 system