stage6

 荒々しき二つ目の太陽


       stage1  stage2  stage3  stage4  stage5  stage6







[開幕]

左右から烏が飛んできます。自機狙い弾の為一方向にちょん避けします。
ここで本来最大POWERが2回復するのですが、攻略通りにきていますと
POWERが1の為撃ち漏らしてしまいます・・・。

ですが無理にPアイテム全回収するのは却って被弾の元ですのでこれは避けます。

[POWER 2.00以上]







1 次にクナイ弾ワインダーを烏が撃ってきます。出来る限り出現後即撃破します。
  その際低速よりも高速移動時の攻撃の方が攻撃範囲が広まり撃破し易いです。
  最初右の方の烏(黄緑円)を有る程度倒し、左の烏(青円)を撃破します。

2 右から炎が自機狙い小弾を撃ってきますので左端からスキマを発動し右端へ。

3 再び自機狙い弾が襲ってきますので右端から左端に向かってちょん避けしていきます。
  ちょん避けしている限り被弾しません。再度左端付近になったらスキマを発動します。

  これの繰り返しです。

  










[中盤戦 火焔猫 燐]

妖怪「火焔の車輪」

炎ワインダーの道を通る攻撃です。



ボス下最下段で黄四角辺りに視界を置き、次に避ける道の確認
そしてこの場合、右に移動する際の最小移動距離(水色円)を把握し避けます。

この炎ワインダーの道は道の内側の折り返し地点(ここでいう水色円)を把握し
最小移動距離で避けるのがコツです。炎ワインダーは徐々に早くなって行きますが
低速オンリーで避けれますので慌てずに。

黄四角に視界→最短距離確認→黄四角より若干目線を落とし実際避ける。
これの繰り返しです。

サー(←移動するリズム)、サー、サー、サー・・・っとリズムに乗って避けると
安定すると思います。(・・・自分だけでしょうか(^^;



POWER 2.00落とします。


[FULL POWER]











[道中後半]


前半同様烏によるクナイ弾ワインダーが来ますので出現次第出来るだけ撃破します。
※先程の燐戦の撃破時間により出現時間が変化します。


次に烏が左右から現れ中弾を撃ってきます。
中弾は垂直には落ちて来なく微妙に曲がっていますので注意して下さい。
最下段付近で無く若干前に出た方が避け易いです。







最後に中央に炎が出現し簡易版波と粒の境界を射出します。



撃破するとPOWERを1.00落としますので決めボムで撃破します。


再度同じ炎が出現しますので同様に対処します。



















Last Boss 霊烏路 空




★通常攻撃1



ボス依存固定弾の軽いお日様ジャブです。
問題無いかと思います。










核熱「ニュークリアフュージョン」

いきなり難易度の高いスペルカードですが
コツを掴んで1ボムで切り抜けます。
1 巨大な赤い弾(以下核弾と呼称)は1つが自機狙いです。開幕ボス真下に陣取り自機狙い核弾に
  当たる直前左へ。写真の黄斜線部分が最下段到達時には開けます。

2 ここが一番大事です。画面中央に戻る為に青弾を見ます。見るべき青弾の範囲は黄円辺りです。
  この黄円範囲の弾が最下段到達辺り時で丁度画面中央に移動する事になる為です。
  ここである程度中央に戻る為の道の算段を立てておきます

3 写真2の位置で待機し核弾発射音が聞こえたら、写真2で立てた避ける道の算段を基にボス下に
  移動します。この時焦って被弾し易いので注意が必要です。低速移動でも十分間に合いますが
  もたもたしていると核弾に潰されます。
  



4 画面中央に戻ると同様に核弾と核弾の間が開けますので黄円辺りの小弾に注意して避けます。

5 そのまま画面中央で撃ち込み次の核弾(3波目)が当たる直前に決めボム→次の核弾が来るまでに撃破出来ます。


※要領的には写真1〜4の繰り返しになるのですが、写真1の時は青弾がばら撒かれておらず、
  写真3の場面も写真2で十分避ける算段を考える時間が有る為、比較的容易に避ける事が可能です。

  ですが写真4以降は今避てる小弾を避けつつ、移動を強いられる為、難易度がかなり上がりますので
  決めボムとなっております。

  スペカ難易度的にも高く、小弾のばら巻きにも運が少し絡む為
  2ボムを全然有りかと思います。ですのでこの攻略では2ボムを使用しています。

  撃破後即アイテム回収。









★通常攻撃2

1 開幕黄四角辺りで待機し左斜めから伸び迫る中弾ワインダーの中に入ります。この伸び迫る時
  出来るだけ隙間の広いワインダーの中に入ります。ワインダーに入る時は上下移動で微調整します。

2 画面中央(黄四角辺り)に陣取ります。次波は初波の燃えカスに注意しつつ次のワインダーを避ける事に
  なります。ですので怖がって最下段付近に陣取ると却って難しくなりますので写真の様にまだ2波目が
  来てない時に有る程度燃えカスを避けて起きます。(上に上っておきます。)

3 右斜めからワインダーが迫りますので写真1同様、自機付近で隙間の広い場所に入り、上下移動で
  微調整します。初波の燃えカスもワインダー内で上下に避けます。ワインダーが自機に来る直前の時は
  燃えカスからある程度は距離を離しておかないと同時避けを強いられ難易度が高騰しますので注意して
  下さい。ワインダーを避けてから燃えカスを避ける感じです。

  3波目も同じ要領で避けます。



4 3波目を避けたらボスが中央に陣取りますので、第3波目の画面中央のワインダー名残(黄緑線)の
  左端(ボスよりやや左に)陣取ります。自機狙い大弾を撃ってきますので矢印の様に自機狙い大弾を
  避けていきます。

5 大弾の速度は遅いので慌てずに。右に曲がる際に黄緑円辺りの第3波の燃えカスに注意して下さい。

  以下1〜5の繰り返しです。




  





爆符「メガフレア」

核弾が落ちてきます。
1 核弾は画面下に行くにつれ凋んで行きます。画面左の赤円は最下段に到達すると黄緑円くらいになります。
  又、核弾は垂直に落ちてきますので弾道は予測し易いかと思います。先ずこの特徴を頭に入れて下さい。
  画面中央の3つの黄円も一見詰んでそうに見えますが今の性質を理解していれば

2 最下段到達時には比較的余裕な事が分かります。自機は最下段付近に陣取り、先ず(1)に視界を持っていき
  ここで最下段到達時、隙間が出来るんじゃないと思うところに移動します。次に(2)に視界を
  持って行き微調整して避けます。これの繰り返しです。ボス下付近で隙間が開かなそう、もしくはちょっときつそう
  だと思えば、ボス下に固執せず違う隙間を探して下さい。被弾したら元も子もないです。又ボスの位置は
  エネミーマークで判断します。






又、この攻撃は核弾に目が行きますが小弾も核弾と同等かそれ以上に気を配って下さい。
小弾単体なら問題無いのですが、核弾に重なった小弾は見え難く注意しておかないと
知らぬ間に被弾という事になります。特に核弾と核弾の重なったところに小弾があると
全くと言っていい程見えません。(青四角)最下段付近にいれば問題無いのですが
(2)辺りで避けている時は注意して下さい。


ここでは2ボムと1機死で乗り切ります。










★通常攻撃3

通常攻撃1同様ボス依存固定弾です。



青矢印と青矢印の交差を見てその下に陣取ります。アイテムがボス下より
かけ離れた場所に落ちてくる場合、無理に取りに行くと被弾しますので
ボス下で掠り交信度MAXで回収します。











焔星「フィクストスター」



中央を回る核弾の最下段に陣取ります。この高さなら中央の核弾と
外周の核弾どちらにも被弾しませんので黄緑円辺りに視界をおき
小弾を左右移動で避けます。

自機は核弾の内側に自機判定一個分入る事が可能です。



[FULL POWER]









★通常攻撃4

開幕、ボスが画面右端に陣取るので撃ち込みます。

通常攻撃2同様の攻撃をしてきますのでその要領で避けます。
通常攻撃2より弾密度は薄いのですが発射間隔が短くなっていますので
大弾射出時は難しくなっており各クール毎の繋ぎに被弾し易くなっております。
1 矢張り画面中央に陣取りますので、第3波目の燃えカスワインダーの左端中央辺りに陣取り矢印の様に
  自機狙い大弾を避けていきます。この時ワインダーの右端(赤線)を越えないと大弾に潰されますので
  タイミングを見て赤線の右側へ

2 そこに更に間髪入れずに次波が来ますのでここで決めボム。
  次の大弾射出時、最初からボス下に最下段に陣取って撃ち込んでいれば撃破出来ます。











「地獄極楽メルトダウン」

開幕、上下に核弾を放つとダメージフラグが立ちますので必ず撃ち込む事。
各核弾が上下画面端に着弾したら画面中央に陣取り上下から来る小弾を避け続けます。



こういう攻撃は視野を狭く持ちます。こうする事によって頭の混乱を避けます。
真ん中に陣取っている限り上下同時に着弾は有りません。
避ける方法は左右移動がメインとなります。
視野は大体青四角内の上下で先に自機に到達する方のみに集中し、それを避けたら
その小弾はすぐ頭から消して、反対方向側から迫ってくる小弾に即シフトしこれをを避けます。
これを避けたら、その小弾はすぐ頭から消して、反対側から迫ってくる小弾に即シフト・・・・
これの繰り返しとなります。コツとしましては同時に避けようと思わない事です。
頭がパンクします。又こういう終始弾幕自体は変わらない単純なスペカは頭がどうしても
鈍くなり判断力を非常に削いできます。このスペカに必要なのは集中力です。

自分の集中力が切れたんじゃなくてそういう風に誘導される弾幕です。
それがこのスペカの難しさです。

ただ凄い矛盾した話で恐縮なのですが、ある程度慣れてくると視界を青四角内全体メインで置き、
上、もしくは下の弾が自機近くに来た時だけ視界をその弾に集中させ(狭め)、過ぎたら即
デフォルトの視界(青四角)に戻すとかなり避け易くなると自分は感じました。
一回、上下の弾を把握する事によって今避けてる弾の次に次避ける弾がどう来るかある
程度把握出来ているので次の回避行動に移り易く回避レスポンスが早くなる為だと思います。
要は一度青四角全体を見る事によって脳にメモリーの機能が発生する様な感じかと思います。


またこのスペカは無理にボス下に陣取ろうとしないで下さい。絶対弾避けが疎かになり被弾します。
本当に余裕がある時はボス本体で無くボスマーカーを目印にします。
ボスはこの様に原寸大(windowプレイ)でもかなり見え難く、ボスを少しでも探してる余裕なんて有りません。

ボスは時間の経過と共に防御力が激減していきますので
弾避けとボス下陣取りの比率は「9:1」で全然問題有りません。
   
※人によっては画面中央よりやや外れた場所で避けた方が避け易い人もいるかと
思います。自分の避け易い場所を色々模索するのも撃破の近道です。
  
  
  






「地獄の人工太陽」

ラストです。
1 引力は画面中央に向かって働くのでボスからX軸がずれる程弾を避け難くなり、且つボスにも攻撃が撃ち込めないので
  ボス下、目安的に黄四角辺りに陣取ります。(最下段にいると画面外からの小弾に被弾します。)
  射出されたミニ弾を見て(青四角辺り)その中で隙間の広い場所を探します。ミニ弾は下段に行く程隙間が広くなります。

2 ミニ弾の隙間とX軸を合わせます。X軸が合ったらそのまま流れにまかせ引力に引っ張られます。
  尚、自機と小弾の吸い寄せられる力は同じですので小弾に追いつかれ被弾という事には成りません。
  又、再度注意ですが画面中央に引力が働く為、ボスからX軸が離れる程斜めに引っ張れれる事を忘れずに。
  ですのでボスから大きくX軸を離れて避ける場合(それでも写真1黄四角よりやや外れる位)は
  そこにミニ弾弾幕の大きな隙間がある場合限定の手段と思って下さい。









3 ミニ弾とX軸を合わせ潜ってる最中比較的余裕が出来ますので次のミニ弾を把握します。
  ここで自機すぐ上に隙間があればそのまま少し動きX軸を合わせ同様に引力に引っ張れれます
  ここで隙間を見つけられなかった場合、小弾を避けつつ下に戻りながら隙間を模索しX軸を合わせ、
  合わせたら同様に吸い寄せられます。

  つまりX軸に出来るだけ近い位置でミニ弾の隙間を探す→ミニ弾の隙間とX軸を合わせる→引力に引っ張れれる
  →その間に次のミニ弾の隙間を近くで探す→探せたら少し動いて更に引力に引っ張られる、探せなかったら
  小弾を避けつつ下に戻りながらミニ弾の隙間を探し隙間を見つけX軸を合わせる。

  これの繰り返しになります。但し下に下がる事無く2波ミニ弾を避けたら一回下に下りないと核の中に突っ込んで
  しまいますので注意。







4 ダメージを与える程引力が強くなります。ですがそのお陰で小弾弾幕の隙間が
  かなり開きます。明らかに引力が強くなったら視野に入れる範囲を拡大し(青四角位)
  兎に角大きい隙間を見つけ次第そこを抜けていきます。
  引力が強くなると小弾の密度は薄くなりますが弾速は上がりますし、自機の精密的な動作も
  難しくなる為兎に角大きいミニ弾を隙間を見つけ抜けていって下さい。
  

  撃破すると核爆発が起こり一時的に操作制御がかなり難しくなります。しかも弾幕自体の当たり判定は
  残っている為ミニ弾列を避けようとして被弾する事が非常に多いです。
  この為POWERが1.00以上残っているならここで決めボム、又はPOWERが残っていなくても撃破したら
  高速移動に切り替え下にちょんちょんレバーを倒すと画面中央に強く引っ張られる事は有りませんので
  これで回避可能です。



ラストのスペカ2つ「地獄極楽メルトダウン」「地獄の人工太陽」は
慣れないとミスを誘発し易く抱え落ちし易いのでちょっとでも危ないと思えば
可能な限りいつでもボムを撃って下さい。
「地獄極楽メルトダウン」は上でも書きましたが時間経過を共に防御力が
激減しますのでボムは非常に有効な手段です。
又、「地獄の人工太陽」は前半より後半の方が引力が強くなりますが小弾の
密度が減って逆にやり易いと思います。ですので前半でボムを残しておかないと
後半が・・・と思わず、逆に前半がキツイので前半こそボムを躊躇無く撃って
頂けたらと思います。












[編集後記]


この攻略通りに来ますと6面スペカ爆符「メガフレア」までノーミスで来るような形になっています。
冒頭で地霊殿が難しい部類に入ると行っておきながらこのパターンに疑問を持たれる方もいるかと思います。

ですが地霊殿が難しいのはラスボスのスペルカードが他の作品スペルカードと比べ
難しいのが揃ってるのが一因にもなっております。(焔星「フィクストスター」以外)

ですので出来る限りラスボス戦に残機を持っていける様に仕上げました。
ただ、Normal初クリアを目指す方がキツイと思われる場面の気合避けは強いていないついもりです。
強いていたらごめんなさい(^^;

ただそれでも6面到達時に残機MAXはどうかと思いますし攻略通りに行きますと
5面で残機MAXになり5面ボス戦でその状態で1upし一機損してしましますので
それぞれ苦手な場面にどんどん決めボムを充てて頂けたらと思います。





そしてくどい様ですが少しでも危ないと感じれば自分の感を信じてボムって下さい!!

危なそうと感じたなら迷わずボムです。


これはこの攻略に書いてるどのルール、
どのパターンよりも最優先される事項です。



危ないと貴方が感じる事は、貴方のこれ迄の経験から弾き出される
危険察知能力に基づいています。


ボムを撃った後に「これは撃たなくても良かったかも」と思うかも知れません。
ボムの発動にはそうした逡巡が有り、発動には一種の勇気が必要です。

しかしそう危険を感じたのですから多少なりとも危機「被弾の可能性」は
普段より増していた筈です。


それで若し、ボムをフルに抱えた状態で被弾するのとボムを撃ってこの場を凌ぎ、
次に繋げるチャンスが存分残っている状態どっちを選択するかです。

STGでは弾を敵が例え1発でも撃ってきている限り被弾率は0%では有りません。
だからと言ってずっとボムを撃ってる訳にも行きません。


だからこそ貴方の危険察知を大切にし、勇気あるボム発動をお願い致します。





最後に攻略の補佐的な意味合いで攻略に沿ったリプレイを用意致しました。
攻略で書いてある事がイマイチ分からない、又実際どうやって避けるのか分からない
という点があればこちらを参照してみて下さいませ。

またリプレイを撮った後改善した場面とかポカミスがある為多少攻略と違う動きをしている
箇所も有りますが御了承下さいませ(^^;

あと3面ボス、四天王奥義「三歩必殺」で普通に抱え落ちしております。
散々抱え落ちすんなと言っておいてその結果がこれかよですが腕が至らずすみません…orz


攻略とリプレイの相違点

場面 攻略 リプレイ 備考(言い訳)
舌切雀「謙虚なる富者への片恨」 大弾の方は撃たない 撃ってる アホな子です・・・。
四天王奥義「三歩必殺」 決めボム 被弾 すみません・・・orzボム調整し、本来2.00で終了の所
を1.75で終了しています。ですので本来4面道中
終了時フルパワーなのですが3.85になっています。
核熱「ニュークリアフュージョン」 2決めボム 1決めボム 2回使うのを忘れていましたorz  ボム調整として
爆符「メガフレア」を1ボムで抜けています。
6面通常攻撃2 開幕アイテム回収ミスってます。
6面通常攻撃4 決めボム 決めボム リプレイ撮り後の改善案
(ボム発動時間を早めにし安全性の向上)
「地獄の人工太陽」 撃破直後のミニ弾の避け方が低速のままミニ弾を
必死に避けています。リプレイ撮り後高速移動で
安定する事が判明しました・・・。

上記の場面は攻略記事と撮リプレイで異なりますが攻略記事の方を参考にして下さい。

それでも90%は攻略に沿った形にはなっていますので何らかの足しにして頂けたらと思いつつ
この攻略が少しでも地霊殿Normalクリアの一助になればpeten4は幸いです。ヽ(´ー`)ノ

又、何かちょこっとした意見、苦情、この攻略についての感想がありましたら
コメントフォームにでもよろろです!明日への活力になります!!><


少しでも早く初クリアを掴み取れる様、心よりお祈り申し上げさせて頂くと共に
これにて東方地霊殿Normalクリア重視攻略を終わらせて頂きます。



※リプレイは6面から再生するとバグりますので6面から再生する場合
5面から再生しボスラストスペカ終了まで早送りしてもokですが5面と6面の間のロード画面を
早送りすると矢張りバグり、又、6面ボス前の会話も早送りすると同様にバグりますので
早送りしない様にご注意願います。



      ■地霊殿Normalクリア重視攻略 霊夢×紫 replay
      (リプレイNo.25です。自身のリプレイの上書きに御注意下さい。)


     stage1  stage2  stage3  stage4  stage5  stage6


                 [サイトTopに戻る]


inserted by FC2 system